キャッシング初心者の方へ 何も知らずにキャッシングしてはいけません。賢く、便利に利用するために最低限の情報を紹介!

遠出のデートで奮発してキャッシング

遠藤さん/男性/31歳/ビルメンテナンス業

福岡県飯塚市の嘉穂劇場に彼女と一緒の出掛けました。
ちょっと遠出のデートは、二人にとって初めてでした。
ですから、いつもは彼女の方が僕に気をつかって割り勘にしてくれていましたが、
今日くらいは彼女の分まで全部支払うつもりでいました。

いつになく豪勢におごる僕のことを彼女は心配していましたが、
たまにはこれくらいの出費は大丈夫だと思っていました。
しかし、ふと気がつくと財布の中が淋しくなっていました。
男として、彼女に支払いを任せるわけにはいきませんから、
ATMでお金をおろすふりをしてキャッシングをすることにしました。

キャッシングをするのは今回が初めてだったので少し緊張しましたが、
面倒な画面操作もなく簡単に借り入れすることができました。
おかげで何とか無事デートを楽しむことができました。

キャッシングは、今回のような困ったときにはすごく便利だと思いました。
時間もかからず、スマートにお金を調達することができます。
これからも困ったときには利用したいと思いました。

飯塚市の嘉穂劇場について

嘉穂劇場は、福岡県飯塚市にある1931年に建造された
劇場と劇場を運営する特定非営利活動法人を指しています。
劇場名は建設当時の地名、飯塚市の前身である嘉穂郡飯塚町にちなんでいます。

劇場は江戸歌舞伎小屋様式の木造2階建てで、舞台の間口が18.2m、
奥行き16.4m、高さが4.5mあります。
手動回転式の直径15.8mの回り舞台、回り舞台の前後と花道にセリを持っています。

1階は450~800名、2階は300~400名、最大で1200名が収容できます。
国の登録有形文化財、及び経済産業省の近代化産業遺産に指定されています。
当時の観客は飯塚市周辺の筑豊炭鉱の労働者とその家族で、
劇場では大衆演劇や、歌謡ショーなどが上演されました。

1970年代、石炭産業の衰退により公演数が激減し、
1979年からは毎年9月に九州演劇協会による「全国座長大会」で
テコ入れを図りましたが、劇場の稼働日数は、年間30~40日程度でした。

2003年7月の大雨で浸水被害を受け、著名俳優や人気芸能人が駆けつけて
復旧チャリティイベントが行われ、全国的な話題になりました。
この後、1年をかけて復旧工事が行われました。この際公的資金導入の必要があり、
従来個人経営であったのを特定非営利活動法人化しました。

現在では歌舞伎などの伝統芸能公演をはじめ、演劇、コンサートなどのほか、
結婚式場としても利用されています。

COPYRIGHT© 2013 キャッシング初心者へ ALL RIGHTS RESERVED.